スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1ヶ月集中トレ】に関する検討

一般
01 /25 2013
こんばんは♪

今日は【1ヶ月集中トレ】を行って思った事を綴ります。
この1ヶ月間を振り返り、前に進むための記事です。
少し長いので、最後の【所感】だけでも読んでもらえると嬉しいです☆

■背景
2012年11月の公開テスト結果発表の日、目標の900点を獲れなかった事がわかりました。あまりの悔しさで勢いに任せてblogを開設し、1月の公開テストに向けて1ヶ月間集中トレーニングを行いました。目的は900点を獲ること、そのために弱点であるReadingのスコアをアップすることでした。

■目的(本記事の目的)
1ヶ月集中トレを行った結果分析と今後の勉強方針の決定

■方法
1ヶ月間、スコアの低いReadingのスコアUPに注力してきました。当初はどうすればPart7のスコアアップができるかという検討から始まり、取り組んだ内容はPart5&6の解答時間を短縮して、より多くの時間をPart7に割くというものでした。そのためにほぼ1ヶ月間Part5&6に絞った集中トレを行ってきました。

■結果
もともとPart5&6に25分程度かかっていたのを20分以内に解答できるようになりました。正答率は十分とは言えませんが、それでも時間の短縮が奏功して1月の公開テストではPart7を解き終わって時間が5分以上余るという体験ができました。(本番で時間が余ったのは初めて!!)

■考察
結果からPart5&6集中トレは『効果があった』と考えられます。今回目標を達成しているかどうかは分かりませんが、実感として1ヶ月前よりも出来るようになっていると自信をもって言えます。何か一番効いたかというと、短期間で1つの分野を徹底的にトレーニングした事だと思います。ここから言えるのは、『短期間で特定の分野を集中的にトレーニングすること』が自分に合ったトレーニング方法ではないか、という事です。つまり【1ヶ月集中トレ】を各分野に対して行う事で短期間(数か月で)劇的にスコアアップできるのではないか、と思うわけです。

■結論
1ヶ月集中トレ(短期間で特定分野に限定した集中トレ)は効果があった。
今後の方針として1ヶ月集中トレを各Partに対して行う。

■所感(おまけ)
1ヶ月間頑張った!という達成感があります。
そして公開テストが終わって思ったこと、それは英語を好きになったという事でした。
英語をペラペラに話せる日が来ることを信じて頑張ります。


まずはPart5&6の集中トレでやり残した事をやろう。
そして少しずつ先へ進んでいこう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初めまして!

初めまして!Hisashiと申します。

「短期間で特定分野に限定した集中トレ」に関してですが、確かに僕も実際に大きな効果を感じました。
僕の場合はPart5&6は比較的得意分野なので、まず、12月の公開テストは2ヶ月ぐらい前からリスニング、特にPart3&4に特化した学習に取り組み、それから1月の公開テストまではリーディングのPart7に特化した学習+数日前からリスニング模試演習に取り組みました。
12月はリスニングのスコアが大幅に更新して475点を取りましたし、今月はリーディングがかなり自信のある手応えがありましたが、一方でリスニングの調子が前回より悪く大幅スコアダウン覚悟です。
「短期間で特定分野に限定した集中トレ」を僕も大きな効果を感じた一方で、このやり方の課題は、次の特定分野の集中トレに取り組みながら、いかに前の集中トレで取り組んだ分野のスキルも落とさないで維持させるか、だと痛感しています。

今後も楽しみに読ませて頂きますのでよろしくお願いします。

HATO-BUSさんのブログ、いつも楽しみにしています。
レベルは全然違うんですけど、自分も一緒に頑張っている気持ちにさせていただいてます。

Re: 初めまして!

Hisashiさん
はじめまして!
コメントありがとうございます♪
返信が遅くなり申し訳ありませんでした。
同じように短期間の集中トレをされたという事で、とても参考になります。
また次の集中トレで体験談として感じたことも記載していただきありがとうございました。
課題は次の集中トレになりそうですね。ご意見を参考に学習方針を検討していきますね!
お互い頑張りましょう!!

BBポッポさん
コメントありがとうございます♪
ブログを楽しみにしていただいてとても嬉しいです。ありがとうございます。
今のBBポッポさんの取り組みを見ていると、近いうちに点数も僕と同じくらいまであがりそうですね!
お互いに頑張りましょう!!

HATO-BUS

38歳の理系サラリーマン。
TOEIC 905点
英検準1級

~2010年 600点前後
2011.1 715 (L360 R355)
2011.5 755 (L420 R335)
2011.7 655 (L360 R295)
2011.11 780 (L430 R350)
2012.3 840 (L425 R415)
2012.5 880 (L470 R410)
2012.7 880 (L460 R420)
2012.11 875 (L470 R405)
2013.1 880 (L435 R445)
2013.3 860 (L450 R410)
2013.5 870 (L445 R425)
2013.7 870 (L430 R440)
2013.9 895 (L480 R415)
2013.11 860 (L435 R425)
2013.12 885 (L440 R445)
2014.1 895 (L465 R430)
2014.3 865 (L460 R405)
2014.5 835 (L385 R450)
2014.6 875 (L450 R425)
2014.7 880 (L460 R420)
2014.9 865 (L455 R410)
2014.10 865 (L450 R415)
2014.11 890 (L460 R430)
2015.1 835 (L420 R415)
2015.3 785 (L390 R395)
2015.4 840 (L420 R420)
2015.5 905 (L485 R420)
2015.9 830 (L430 R400)
2016.3 820 (L385 R435)
2016.5 870 (L445 R425)
2016.9 840 (L445 R395)
2016.10 840 (L455 R385)
2016.11 795 (L420 R375)
2017.1 815 (L415 R400)
2017.3 受験予定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。