FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2013.01.25 (Fri)

【1ヶ月集中トレ】に関する検討

こんばんは♪

今日は【1ヶ月集中トレ】を行って思った事を綴ります。
この1ヶ月間を振り返り、前に進むための記事です。
少し長いので、最後の【所感】だけでも読んでもらえると嬉しいです☆

■背景
2012年11月の公開テスト結果発表の日、目標の900点を獲れなかった事がわかりました。あまりの悔しさで勢いに任せてblogを開設し、1月の公開テストに向けて1ヶ月間集中トレーニングを行いました。目的は900点を獲ること、そのために弱点であるReadingのスコアをアップすることでした。

■目的(本記事の目的)
1ヶ月集中トレを行った結果分析と今後の勉強方針の決定

■方法
1ヶ月間、スコアの低いReadingのスコアUPに注力してきました。当初はどうすればPart7のスコアアップができるかという検討から始まり、取り組んだ内容はPart5&6の解答時間を短縮して、より多くの時間をPart7に割くというものでした。そのためにほぼ1ヶ月間Part5&6に絞った集中トレを行ってきました。

■結果
もともとPart5&6に25分程度かかっていたのを20分以内に解答できるようになりました。正答率は十分とは言えませんが、それでも時間の短縮が奏功して1月の公開テストではPart7を解き終わって時間が5分以上余るという体験ができました。(本番で時間が余ったのは初めて!!)

■考察
結果からPart5&6集中トレは『効果があった』と考えられます。今回目標を達成しているかどうかは分かりませんが、実感として1ヶ月前よりも出来るようになっていると自信をもって言えます。何か一番効いたかというと、短期間で1つの分野を徹底的にトレーニングした事だと思います。ここから言えるのは、『短期間で特定の分野を集中的にトレーニングすること』が自分に合ったトレーニング方法ではないか、という事です。つまり【1ヶ月集中トレ】を各分野に対して行う事で短期間(数か月で)劇的にスコアアップできるのではないか、と思うわけです。

■結論
1ヶ月集中トレ(短期間で特定分野に限定した集中トレ)は効果があった。
今後の方針として1ヶ月集中トレを各Partに対して行う。

■所感(おまけ)
1ヶ月間頑張った!という達成感があります。
そして公開テストが終わって思ったこと、それは英語を好きになったという事でした。
英語をペラペラに話せる日が来ることを信じて頑張ります。


まずはPart5&6の集中トレでやり残した事をやろう。
そして少しずつ先へ進んでいこう。


スポンサーサイト



テーマ : TOEIC - ジャンル : 学校・教育

22:59  |  一般  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |